早漏のセルフチェック方法

日本人男性の早漏率は諸外国に比べて、高い傾向にあります。

成人男性の半数近くが早漏の疑いとも言われていて、深刻な早漏症を抱える人々もいます。

射精の瞬間を意識的にコントロール出来ない早漏症は、健全な性生活の天敵です。

目安として挙げられるのが、約三分程度の持続力になります。

激しくピストン運動を繰り返しても、約三分程、射精の感覚を我慢出来れば合格です。

反対に一分から二分程度で精液を出してしまった方は、早漏症の疑いが濃厚かもしれません。

早漏症を持ったままだと、女性に豊かな性的快楽を与えられません。

加えて男性側もピストンを安心して進められないため、
常に神経質な性行為を繰り返す結果になるでしょう。

また自分一人で確認出来るチェック方法として他に挙げられるのが自慰を用いる方法です。

比較的射精を我慢しやすい自慰において三分以内に果ててしまうならば、早漏体質になっている恐れが高いです。

酷い早漏症の方だと、コンドーム装着時に射精してしまう等、
そもそも性行為自体に深刻な悪影響が現れています。

早漏の原因は色々ですが、ストレスやメンタル面の不安や緊張が主です。

ネット上に置かれた個人輸入代行サイトを使用すれば、安価な早漏改善薬が比較出来ます。

早漏症を劣等感に思うあまり、性行為自体に嫌悪感を抱いてしまう男性も珍しくありません。

また無意識に射精してしまっては、コンドームを利用しても避妊の確率が下がりかねません。

事前に早漏改善薬を取り寄せておけば、大事なデートの時に活用出来ます。

携帯に便利な錠剤、カプセルタイプの早漏改善薬なら速やかに服用出来ますし、
同時に勃起力を高められる効果が入ったお薬もありますので、性行為の品質を求める男性ユーザーには一石二鳥です。